トイプードルは成功した時に褒めてしつける方法が良いとされていますが

うちで飼っているトイプードルは比較的おとなしく飼いやすい方だと思います。

 

しつけの物覚えも良くトイレの場所などは比較的すぐに覚えました。

 

 

すぐに覚えはしましたが、やはり失敗も多くしてきました。

 

その都度怒っていました。

 

最近では、怒ってしつける方法は間違っていると言われており、成功した時に褒めてしつける方法が良いとされています。

 

ですが、自分はそのしつけ方は時と場合にもよると思います。

 

人もそうですが、言葉が通じない分やはり怒らなければいけない時は怒るべきだと思います。

 

叱るしつけの方が、覚えは早いように思います。

 

その分できた時は過剰なほど褒めます。

 

最近では「オシッコして」と声をかけるとペットシートに行ってするようになりました。

 

 

 

注意いている点として、一つは、毛のことです。

 

トイプードルは、抜け毛はほとんど少ないですが、こまめなブラッシングが必要です。

 

抜け毛がほぼないのでずっと伸びます。

 

毛はカール状になっているので、1日、2日するとすぐに絡まったり、毛玉になったりします。

 

毛玉になると皮膚疾患になる恐れがあるので注意が必要です。

 

ですので頻繁に毛をブラッシングしないといけません。

 

ブラッシングは、専用のスリッカーブラシで毛玉や毛の間のごみをとっています。

 

 

 

次に注意している点は、耳の中です。

 

耳の中の毛が伸びると犬も中耳炎になります。

 

一度うちの犬はなりました。

 

さっきまで元気だったのに急に嘔吐を繰り返し、平衡感覚をなくしたようにまっすぐ歩けなくなってしまいた。

 

急いで救急につれていくと、お医者さんから、恐らく耳の毛が詰まって、中耳炎になっているのが原因だろうとのことでした。

 

耳の中の毛をカットしてもらうと数時間後には元気走り回っていました。

 

ですので、耳の中は毛が詰まっていないか程よくケアしてあげないといけないです。

 

 

 

トイプードルの食事についてですが、うちは朝・夜の一日2回です。

 

ドックフードをそのままあげています。

 

(年齢などでふやかしたりしないといけないです。

 

)犬の性格などからその子にあったフードを探すのが大変だった経験があります。

 

最初は食べないことが多かったですが、ペットショップの方と相談して、根気よくあげていると食べるようになりました。

 

 

 

他には、なにか様子が変だと思ったり、体調がおかしいと思ったらすぐに病院に連れていくことです。

 

そして安心して任せられる先生を見つけることが良いと思います。